D3.js でギブス現象を見る

矩形信号のフーリエ変換 (Fourier transform) を例に、不連続点で発生するギブス現象 (Gibbs phenomenon) を D3.js を使って可視化してみました。下記のプルダウンメニューから、離散フーリエ変換で加算する項の数 (m) を選択すると、グラフが更新されます。加算する項数を増やすと、x = π の周辺でギブス現象が発生する様子を確認できます。本ページのJavaScriptプログラムの解説は Agata's Blog を参照して下さい。

m =