[Chapter 4]

مِنْ أَيْنَ أَنْتَ ؟

:ミン アイナ アンタ?
 

「ミン アイナ アンタ?(あなたはどちらの出身ですか?)」 アラビア語圏を旅してると、もしかするとこんなことを聞かれるかもしれませんね。


      例文      

مَا اسْمُكَ ؟

اِسْمِي يَامَادَا.

مِنْ أَيْنَ أَنْتَ ؟

أَنَا مِنَ الْيَابَانِ.

 

      単語     

اِسْمٌ

名前

يَامَادَا

山田(人名)

مِنْ

〜から(英語の from に相当)

أَيْنَ

どこ(英語の where に相当)

أَنْتَ

あなた(男性)

أَنْتِ

あなた(女性)

الْيَابَانُ

日本


      例文の意味と発音      

*日本語の発音とアラビア語とは微妙に違う点があります。下記の発音は、あくまでも目安として使ってください。

発音 意味

マー イスムカ?

イスミー ヤーマーダー

ミン アイナ アンタ?

アナー ミナル ヤーバーン

あなた(男性)のお名前は何ですか?

私の名前は山田です。

あなた(男性)はどちらの出身ですか?

私は日本から来ました。

 

      ちょこっと解説      

مَا اسْمُكَ ؟

"マー" は前回出てきましたね、英語のWhatに相当する疑問詞です。"イスムカ" は、「名前」を意味する名詞 "イスム" に、これまた前回出てきた「あなた(男性)の」を意味する接尾語 "カ" がついた形です。ということは、もうお分かりのとおり、女性に対して「お名前は何ですか?」と尋ねる場合には、"マー イスムキ" としなければなりません(ついでに、複数の相手に対して「あなたがたのお名前は何ですか?」と聞く場合には、"マー イスムクム" となることもお分かりのとおり)。

اِسْمِي يَامَادَا.

"イスミー" は、もうお分かりですよね、そう、「名前」を意味する名詞 "イスム" に、これまた前回出てきた「私の」を意味する接尾語 "イー" がついた形です。次の "ヤーマーダー" ですが、基本的にアラビア語は、外来語はすべて長母音で表しますので、こういうまのびした形になります。同様に、田中さんは "ターナーカー"、鈴木さんなら "スーズーキー" となります。ところが思い出してください、アラビア語には母音は「ア」「イ」「ウ」の3つしかありません。ですので、「エ」や「オ」を母音とする音があるときは、表記上は「エ」→「イ」、「オ」→「ウ」の長母音として表します。たとえば大江さんならば、表記上は「ウーウーイー」と書きます。ただし発音するときは "イスミー オーオーエー" のように、普通に発音します(アラビア語の文字には「エ」や「オ」の母音はありませんが、アラビア語圏の方でもこれらの母音はちゃんと聞き分けられるそうです)。

مِنْ أَيْنَ أَنْتَ ؟

一語目の "ミン" は、英語の from に相当する前置詞。次の "アイナ" は、英語の "where" に相当する単語です。三語目の "アンタ" は、「あなた(男性)」の意味(発音と意味が日本語と一致する、ちょっとおもしろい例ですね)。from + where + you、というわけで、全体の意味は、「あなたはどちらの出身ですか?(=どこから来ましたか?)」、となります。

أَنَا مِنَ الْيَابَانِ.

"アナー" は「私は」という意味で、これは前にも出てきましたね。 二語目は、さっきも出てきた英語の from に相当する前置詞ですが、定冠詞 "アル" の前にくると発音は "ミン" ではなく、"ミナ" になります。理由は簡単、"ミンアル" と発音するよりも、"ミナル" と発音するが簡単ですからね(フランス語のリエゾンみたいなモンです)。三語目の "アルヤーバーン" は、もうお分かりのとおり「日本」の意味。アラビア語では、国名や地名には定冠詞 "アル" がつくものとつかないものがあって、「日本」という単語には必ず定冠詞がつきます。定冠詞がつくかどうかは、これといった決まりはないようなので、これはもう地名が出てくるたびに覚えるしかないみたいです。

 

      さらに詳しく知りたい人のために      

    1. 「わたしは日本人です」というには?

このスキットでは「私は日本出身です」というフレーズが出てきましたが、もっと簡潔に「私は日本人です」ということも可能です。ただしアラビア語の名詞には男性名詞と女性名詞がありますので、「日本人」という名詞を使うにも、それが男性か女性かによって違ってきます。つまり、同じ「私は日本人です」という言葉でも、それを話す「私」が男性か女性かによって、表現がちょっと違ってきます。下記に例を示しますが、基本的に名詞の男性形に、ター・マルブータを加えることによって、女性形がつくられます。

أَنَا يَابَانِيٌّ.

私は日本人(男性)です。

أَنَا يَابَانِيَّةٌ.

私は日本人(女性)です。

 

    2. 基本的な代名詞

今回のスキットでは「私」「あなた」のような、基本的な代名詞がいくつか出てきました。単数の基本的な代名詞について、以下に簡単にまとめます。(複数、つまり「私たち」「彼女たち」といった表現については、後日また触れたいとおもいます)

 

1人称 私は أَنَا
2人称 あなた(男性)は

أَنْتَ

あなた(女性)は

أَنْتِ

3人称 彼は هُوَ
彼女は هِيَ

たとえば「○○は学生です」(学生 => 男性形:طَالِبٌ/女性形:طَالِبَةٌ)という文を例にとってみると、次のようになります。

1人称 私は(男子)学生です。 أَنَا طَالِبٌ.
私は(女子)学生です。 أَنَا طَالِبَةٌ.
2人称 あなた(男性)は学生です。

أَنْتَ طَالِبٌ.

あなた(女性)は学生です。

أَنْتِ طَالِبَةٌ.

3人称 彼は学生です。 هُوَ طَالِبٌ.
彼女は学生です。 هِيَ طَالِبَةٌ.

 

 


 

(もどる)