[Chapter 2]

صَبَاحُ الْخَيْرِ! : サバーフ・ルハイリ!
 

ひきつづき、挨拶の表現をみてみましょう。


      例文      

こちらはよく耳にする、朝の挨拶と、夕方の挨拶です。

صَبَاحُ الْخَيْرِ!

صَبَاحُ النُّورِ!

مَسَاءُ الْخَيْرِ!

مَسَاءُ النُّورِ!  

 

 

      単語     

صَبَاحٌ

خَيْرٌ

善、良いこと

نُورٌ

光、明かり

مَسَاءٌ

夕方



      例文の意味と発音      

*日本語の発音とアラビア語とは微妙に違う点があります。下記の発音は、あくまでも目安として使ってください。

発音 意味

サバーフ ルハイリ!

サバーフ ンヌーリ!

おはよう!

おはよう!

マサーウ ルハイリ!

マサーウ ンヌーリ!

こんばんは!

こんばんは!

 

      ちょこっと解説      

(1行目)

こちらは朝の挨拶。直訳すると、「善の朝を!」、といったところでしょうか。つくづく、アラビア語ってなかなかイキな表現をするなぁ、と感じずにはいられませんね。

さて発音についてですが、定冠詞 "アル" は、その直前に子音がくるとアリフの文字を発音せずに、"ル" という音になります。というわけで、"サバーフ アルハイリ" ではなくて、"サバーフ ルハイリ" というわけです。

(2行目)

そして一行目に対して返事をするほうは、こう挨拶します。直訳すると、「光の朝を!」。これまた、イキな表現だ!

発音のポイントは、先ほどの説明のようにアリフが無音化するとともに、定冠詞の次の文字が太陽文字の場合には、定冠詞のラームの文字が撥音化するために(chapter 1を思い出そう!)、"サバーフ アルヌーリ" でも "サバーフ ルヌーリ" でもなくて、"サバーフ ンヌーリ" となるわけです。

(3行目)

こちらは夕方の挨拶。"マサーウン" が「夕方」という意味ですから、意味はもうおわかりですね。そう、「善の夕方を!」

(4行目)

そしてそれに対する返事は、「光の夕方を!」


 

(もどる)